コンテナ店舗の特徴、メリットや注意点

2024/01/01
建築コンテナ
SmartSelect_20231122_212412_Instagram

「コンテナ店舗を持ちたい」「お店を開業したいけど不安が多い」といった方は多いのではないでしょうか。

この記事では、コンテナ店舗を構え、成功させるためのポイントや注意点を紹介します。

目次


1.建築コンテナを使ったコンテナ店舗ならではの特徴

1.        デザインの自由度が高い

2.        移転しやすい

3.        工期が短い

4.        耐久性に優れている



2.建築コンテナでコンテナ店舗をする際の注意点

 1.        コンテナの大きさは変えられない

 2.        必ずしも建築費用が安くなるわけではない

 3.        JIS規格の建築コンテナを選ぶ

 

3.まとめ



1.建築コンテナを使ったコンテナ店舗ならではの特徴

SmartSelect_20231122_212447_Instagram

コンテナ店舗には以下のメリットがあります。


デザインの自由度が高い
 
移転しやすい
 
工期が短い
 
耐久性に優れている

 

ここでは、コンテナ店舗の特徴やメリットに関して詳しく解釈します。。


デザインの自由度が高い

建築コンテナはデザインの自由度が高く、お店のコンセプトに合わせて、内装や外装のアレンジができる点が魅力です。

中古コンテナは建築現場で窓、ドアの開口や換気扇など設備の開口作業を行います。「コンテナバンク」の店舗用コンテナは設計段階で決めた寸法に沿って、コンテナ工場の製造工程

中に開口し、建築現場でサッシ、設備を取り付けるため、仕上りがとてもきれいで施工費用を抑えられます。

 

移転しやすい

建築コンテナの由来は海上運送用コンテナであるため、移転しやすいのも大きな魅力です。通常店舗の引っ越しの場合、店舗を空け、新しい場所で再びレイアウトやデザインなどを決めて、工事をする必要があります。

 

しかし、コンテナであれば、店舗の内装、設備をそのまま移動させることが可能です。コンテナの内装・外装などの状況によって、そのまま移動できない場合もありますが、重量、サイズが道路交通法(施行令)に準ずる規格であれば運ぶことは可能です。

ただし、移転できるといっても、移転先では電気配線や給排水管などを新たに設置し、届け出を出す必要がありますので注意しましょう。

 

工期が短い

コンテナ建築は一般建築物に比べて工期が短い点もメリットです。基礎工事が完了すればコンテナを運搬して設置するだけで完了します。

一般的な建物の工事と比べて大幅に工期短縮になるため、長期間の騒音による近隣からのクレームも避けられます。

 

耐久性に優れている

「コンテナバンク」の建築コンテナはJIS規格の鋼材を使用したことで、耐久性に優れているため、耐震性が向上したり、風圧や積雪荷重に対して強くなっています。厳しい環境の中で長時間にわたって安全かつ快適に使用ができるでしょう




2.建築コンテナでコンテナ店舗をする際の注意点

28271118_s

コンテナ店舗を始める前に、以下の点に注意しておく必要があります。

コンテナの大きさは変えられない

必ずしも建築費用が安くなるわけではない
 

JIS規格の建築コンテナを選ぶ

 

ここでは、コンテナ店舗を使う際の注意点に関して詳しく解釈します。

 

 

コンテナの大きさは変えられない

コンテナは船で運ぶため、長さ、幅、高さがが決められていて、大きさが変えられない点に注意が必要です。「お客さんが増えてスペースが足りないからお店を広くしたい」ということは原則できません。

しかし、コンテナを縦、横に並べ、連結して広くする方法があります。その分コストはかかってしまいますが、事業の成長に応じて買い足せるのはメリットです。また、コンテナの外や屋上にウッドデッキを設置し、オープンテラスにするのも良いでしょう。

ほかにも、建築コンテナの強度を生かし、縦に積み立て、2階建ての店舗にするのもひとつのアイデアです。

 

建築コンテナ費用は格安ではない

コンテナの店舗はコストがかからないイメージを持っている方も多いと思いますが、場合によっては木造住宅の建築費用と変わらない可能性もあります。

建築コンテナは重量鉄骨構造の建物で一般的な重量鉄骨と比べれば多少安価ですが、格安ということはありません。

安価の中古コンテナを使っての費用を抑えることは可能ですが、現在の日本の厳しい建築基準法をクリアできないため、違法建築になってしまいます。

 

JIS規格の建築コンテナを選ぶ

店舗に使うコンテナは、必ずJIS規格をクリアした建築コンテナを使用しましょう。「コンテナバンク」の取り扱っているJIS規格の建築コンテナは、建築基準法に対応するように作られています。規格から外れている建築コンテナは、建築確認申請に通りにくいため注意しなくてはいけません。


まとめ

コンテナ店舗には、いくつかデメリットがあります。しかし、一般のお店よりも気軽に始められる点や移転ができる点などは、大きなメリットといえるでしょう。

 

コンテナ店舗でカフェ、飲食店、美容室、テイクアウト店舗などを考えている方は、メリット・デメリットを把握したうえで、計画的に開業しましょう。

安価で飲食店を開業したいと考えている方は「コンテナバンク」までご相談ください。